みつけやま整骨院はり院
メニュー
メールボタン
ライン予約
お問い合わせボタン
HOME > よくある質問

よくある質問


Q.健康保険は使用できますか?

a_icon 捻挫(ギックリ腰、寝違え、くじいた、ぐねった等)打撲(うちみ)等で使用できますが、症状によりますのでご不明な方はお尋ねください。


Q.交通事故でもみてもらえますか?

a_icon 交通事故の施術(自賠責保険を使用)もやっております。時間外も受付しております。


Q.駐車場はありますか?

a_icon 院前にあります。白い車が停まってありますが、その車の前に駐車下さい。


Q.産後から、しばらく(数ヵ月~数年)経過してますが戻りますか?

a_icon 骨盤は寛骨・仙骨・尾骨の3つの骨で構成されており、産後経過していましても、しっかり矯正、調整を受けて頂くことで良い状態になれます。


Q.産後骨盤矯正は何回くらい通えばいいですか?

a_icon まずは続けて3回(2週間以内程度を目安に)通院をオススメしております。4回目以降は週1回の通院を目安にトータル9回の施術を受けて頂きます。それにより、歪みにくい安定したカラダ作りができます。

妊娠から出産は約10ヶ月の期間を経て、筋肉、靭帯が緩み骨盤が広がり出産に至るので1回の施術では元に戻りません。当院では9回の施術を3ヶ月の期間内に受けて頂いております。


Q.産後骨盤矯正はカラダに痛みがなくても、受けた方がいいですか?

a_icon 受けて頂くことをオススメしています。女性ホルモンである『プロゲステロン』という妊娠・出産を助けるホルモンはお産で開いた骨盤を元の位置に戻す働きがあります。

この時期は長時間の「抱っこ姿勢」や「添い寝や授乳」などで不良姿勢になることが多く筋肉や腱に連続的な負荷が加わり、骨盤や関節に歪み与えたまま骨盤が閉じると歪んだ状態で固まってしまいカラダのバランスが悪くなります。

それにより血液循環の低下や関節に負担がかかり、腰痛や股関節痛、ギックリ腰、冷えやむくみなどの様々な症状が出ることがあります。


Q.帝王切開でも骨盤矯正は受けた方が良いですか?

a_icon はい。10ヶ月の妊娠期間中に子宮の受け皿として必ず骨盤は広がります。自然分娩でないからと言って骨盤が広がっていないということはありません。

帝王切開の方でも骨盤矯正を受けることをオススメしています。帝王切開の場合、産後二ヶ月から受付致しております。


Q.妊娠中ですが施術してもらうことは可能ですか?

a_icon 可能です。骨盤矯正はご遠慮いただいておりますが、妊娠中の腰痛や足のむくみ、肩こりで来院頂いている患者さんも多数おられます。


Q.夫婦やご友人と一緒に行っても良いですか?

a_icon 可能ですが、施術者が一人の為、順番に施術させて頂くことをご了承下さい。


 


電話番号 072-629-5393

お問い合わせボタン

LINE予約ボタン

簡単ネット予約ボタン

ページトップに戻る